ロシア連邦憲法に基づき、土地およびその他の天然資源は個人、国、地方自治体による所有が認められており、あるいは他の条件下で所有されても良い。

土地の購入はロシア連邦土地法によって取り決められており、ロシア連邦の構成主体レベルで採択された法を介して実装されている。実際には、ロシアで国や地方自治体から土地を購入することはいまだに容易ではない。しかし建築物の所有者は、連邦法に基づき、これらの建築物の下の借地(隣接する土地を含む)を購入する特権を有している。

一般的に、土地は四十九年を超えない範囲において(ときには専売権つきで)貸し出されている。適切に実施される土地の貸し出しまたは購入の手順は、オークションやコンテストにおける競売の可能性を含んでいる(前述の特権を行使する場合を除く)。もしも土地が別の方法で貸し出しまたは購入された場合、そのやりとりは無効とされうる。土地所有権の付与に対してはこの他の制約もある。例えば、国境地域沿いに位置する土地は外国人や外国法人が所有することはできない。農地やそれに関連する制限を伴うやりとりは特別法により取り決められている。この特別法によれば、外国人、外国法人、無国籍者だけでなく、資本のうち五十パーセント以上を外国人、外国法人、無国籍者が所有する株が占めているロシア法人に対してもまた、農地貸し出しの権利だけが与えられる(土地を所有することはできない)。

実際には、ロシアで国や地方自治体から土地を購入することはいまだに容易ではない。連邦と地方、両者の法を考慮しなければならないからである。

 
 

Report inaccuracy