Some information on this site is available in English only x

税金の制度及び徴税方法

ロシアでの現在有効な税制が、比較的新しく、ほとんどの市場経済で標準となっている概念や問題の多くは、ロシアではまだ発生している。新しい概念はロシアの国家機関によって採用されても、多くの場合、西洋や他の税制システムを開発している国と異なる使用がされている。

現在、税制の規制整理、多数ある標準を統一するための変化が一応完了されている。ロシア税法、税の一般的な原則、納税者と税務当局の権利と義務を確立し、税金制度及びその他の規定が含まれている。
政府は、の脱税を防ぐために特定の規定を採用することを計画している(外国企業の規則の導入、受益者の概念、国際慣行に適用される標準の原則に基づき企業の税の住居を決定原則や、資金提供機関に関するいくつかの修正を含む)。

一方、上級裁判所の指示は、税務上の不当な利益の概念を含む脱税の防止に一定のアプローチを提供している。

税務局は、これらのアプローチを使用し、積極的な脱税に対処する措置をとる。そうすることによって、それらは形より内容を優先するアプローチを適用し始める。

568000
従業員一人当たり568000ロシアルーブル(約14200ユーロ)を超える年給は、30%の総合税の対象となる。

移転価格に関する制度

2012年1月1日以来、移転価格の新法が有効になった。以前ロシアの移転価格の原則とは違って、新しい法律は、より詳細で、経済協力開発機構(OECD )が開発した国際移転価格ガイドラインに一致している。

主な変更点は次のとおりである。

  • ロシアの税務当局が、税務設定のために制御できるトランザクションのリストの変更;
  • 相互依存の関係者のリストの拡大;
  • 税務当局が、取引の価格は市場の価格との適合を確認する権利を持つことになる。
  • ロシアでの移転価格の基本原則として、市況で取引の原則の導入;
  • 「安全な範囲」(以前許された市場価格とトランザクションの価格の20%の偏差)の規則を解除;
  • 市場価格を決定するための情報源リストの拡大;
  • 機能解析の比較法として正式な導入;
  • 比較収益性の方法と利益配分方法のような市場価格を決定する新たな方法の導入;
  • 移転価格文書のほか報告用文書の要件の導入;
  • 内国歳入庁による移転価格に関するの特別監査を実施
  • 移転価格および特定の取引の報告書類や事務処理での不遵守のに対する罰則の導入;
  • 最大の納税者として登録されたロシア企業のための一方的な及び多方的な事前価格協定の導入

連結納税制度

2012年1月1日以来、ロシアの企業グループのために連結納税制度が導入された。
グループは、2つ以上の組織を含み、直接的または間接的な授権資本金及び株式資本での参加が90%以上にあたるものとする。

2013年にこの制度を採用するには、グループのすべてのメンバーは、次の要件を満たす必要がある。

  • 2011年に少なくとも千万ロシアルーブルは、所得税、付加価値税、消費税及び鉱物抽出税(MET)として支払われた。
  • 少なくとも一億ロシアルーブルは、販売からの収益として受け取った
  • 2011年12月31日の時点で総資産が少なくとも3000億ロシアルーブルに達した。

この制度を使用することは、いくつかの利点を有する。まず、当事者間の取引は、移転価格に関する新しい法律上で管理されていない(MET税の対象となる取引を除く)。

第二に、所得税を計算する時、参加者の利益と損失を統合することができる。

社会保険の貢献

従業員一人当たりの568000ロシアルーブル(約14200ユーロ)を超えない年給は、 30%の総割合税の対象となる。従業員一人当たりの568000ロシアルーブルを超える年給に10パーセントの追加税が適用される。

一時的にロシアに居住している外国人の従業員の報酬の金額が 568000ロシアのルーブルを超えない場合は22%の年金保険料として支払われ、568000ロシアのルーブルを超える場合は10パーセントの追加税も適用される。

唯一の例外は、6ヶ月未満の雇用契約を締結している労働者である(適切な労働許可証が必然とする)。

 
 

Report inaccuracy