Some information on this site is available in English only x

会計

会計に関する必要条件は連邦法第402-FZ条「会計について」と第208-FZ条「会計決算報告について」により定められている。ロシアの会計基準はロシア連邦財務省によって認められている。会計は財務省に認められた会計案および適用法に従って行われる。

法人が提出を義務づけられている会計報告の内容は、残高、収入と支出、資本金の変動、その他金銭の移動、備考である。

決算報告は国際会計報告基準に基づいて行われねばならない。

報告年はカレンダーに従う。すなわち1月1日から12月31日までである。

会計報告は毎年、法人経営者と連邦国統計サービス、税務署に対して提供される。年次会計報告は翌年3月末日までに連邦国統計サービスと税務署に提出されねばならない。連邦法に従って他の国営機関への提出が求められる場合もある。

暫定会計報告は法が定める特別な場合において、提出が必要となる。(例えば、このような義務は保険会社や証券会社の報告に当てはまる。)また、機関は会計報告の暫定提出期間を独自に定めることができる。

証券発行機関は会計報告をする義務がある。

決算報告は公表されねばならない。

 
 

Report inaccuracy